« 壊れた洗濯機 | トップページ | 二月になりましたが・・・ »

Tokyo International Great Quilt Festival

東京国際キルトフェスティバル
最終日に行ってきました。

P1120769

混んでたよ~と聞いて、覚悟してましたが、

P1120770_3

入場待ちの行列もそれほどでなくscissors
すんなり入場~

大賞の前は人だかりです

P1120789

小関先生のイメージキルト↓

P1120797_3

「二人の婦人の物語」でお友達と待ち合わせ。

まず、ターシャ・テューダーとボストン夫人の展示から見て回りました。
コンテストの作品、先生方の新作キルト、特別企画の野良着2000つぎ、お友達が参加したパートナーシップキルトを見つけたり、歌手や俳優さんの手仕事の展示などなど・・

ランチしたり、お茶したり、
知り合いのお店を覗いて、お買い物もたのしみましたよ。

最終日は案外空いていたようで、ラッキーでした。

|

« 壊れた洗濯機 | トップページ | 二月になりましたが・・・ »

パッチワーク キルト」カテゴリの記事

コメント

趣味の世界の展示は特別な高揚感がありますね。
私は肩こりでキルトの世界には入れませんが、若いころ、山種証券の社長さんが「女の方はいいですね。お針をしたりして..」とおっしゃって、「は?」という感じで返答に困りました。
彼の時代だと、多分絹の着物をチクチク縫ったりするイメージだったのでしょうが、絹の柔らかい手触りと、縫うという単調な世界の中に無心の境地を想像したのではないかと思います。
しいちゃんは長くキルトを続けていらして、これからも素晴らしい作品を沢山お作りになるのでしょうね。

投稿: 知子 | 2013年2月 1日 (金) 12時06分

知子さん
キルトの展示会は文字通り「フェスティバル」で楽しいです。
わたしは不思議とキルトでは肩こりにはなりませんね~最近は、実用のキルトや教室用のサンプル作りに追われています。
ターシャ・テューダーもボストン夫人も90代で亡くなるまでキルトを作っていたそうで、長く楽しめそうです。

投稿: しいちゃん | 2013年2月 1日 (金) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203525/56668326

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo International Great Quilt Festival:

« 壊れた洗濯機 | トップページ | 二月になりましたが・・・ »