« 峠の湯 | トップページ | ルボンヴィボン »

曇り・雨/風  のち 雪  そして晴れ

山荘に着いたとき、屋根から落ちたのや、除雪の雪が山になっていたのが、気温が上がりとけだしてして、春の気配を感じてたのに・・・

朝起きると、鉛色の空
雨が降り出し・・
そして風も
天気予報では全国的に荒天とのこと

こんな日はと、
持ってきたキルト製作(月末のキルト展に出品します)に精を出していました。

お昼過ぎからまさかの!にかわり、
とけた分くらい、重た~い雪が積もりました。

P1100658


P1100651


P1100667

何故か木の周りには雪がありません。木の熱?

夕方晴れてきたので、近くの温泉へ・・
露天風呂は雪のせいか温度が低くなっていました。
私は熱いのが苦手なので、丁度よかったです。

・・で、翌朝は、
気温はまたしてマイナスに下がりdown

悪い予感があたり、コチコチのツルツル
デッキのサンダルが凍りついて動かなくなっていました。shock

庭の紅葉に氷の花が咲いています。

P1100660


近寄ると

P1100662

P1100663_3


以前、見事な雨氷を見たことがありますが、
これは溶けた雪がまた凍ったようです。
朝日にあたってきれいでしたよ

|

« 峠の湯 | トップページ | ルボンヴィボン »

ログハウス 山荘」カテゴリの記事

コメント

植物は活動していると体温が上がるんですよ。
木だけでなく、芝桜などは雪の中でも花が咲いている時がありますが、花の周りだけ雪が溶けています。いちご栽培農家の方が畑から苗をとってきて「息してる」(私たちならイキイキしていると言う感じですが)と表現した時は感動しました。

投稿: 知子 | 2012年4月 2日 (月) 10時10分

知子さん
植物には雪を溶かす体温があるのですね。
すごいですね~
立木の周りには雪がないので、ずっと、不思議に思っていました。

投稿: しいちゃん | 2012年4月 2日 (月) 20時49分

この冬は1月中旬まで雪が少なかったものの、1月下旬から何回も降ったので残雪が多いですね。

そうなんですよ。木の根元回りから融けるんですよね。木温があるからでしょうね。それで気温と言うんですかね(笑)。

GWを過ぎて白樺の幹に耳を当てますと、木が水を吸い上げている音が聞こえますよね。ドリルで白樺に穴をあけてこの樹液を利用する受益者も居ますね(爆)。

今日も朝から・・・どうも・・・スイマセン!>

投稿: 希須林ファン | 2012年4月 3日 (火) 07時59分

希須林ファンさん
そうなんですね~
ず~と、不思議に思っていた謎の一つが解けました。
でも、北軽には、まだまだミステリーがいっぱいです。wink

投稿: しいちゃん | 2012年4月 3日 (火) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203525/54370625

この記事へのトラックバック一覧です: 曇り・雨/風  のち 雪  そして晴れ:

« 峠の湯 | トップページ | ルボンヴィボン »