« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

スタッドレスタイヤ

急きょ、速攻で山荘に行ってきました。

のびのびになっていた冬タイヤへの履き替えと、モモタロウの健診、その他懸案事項の最低限を消化してきました。

途中、軽井沢オゴッソ でランチ

森の木々ははっぱを落とし、晩秋というより、もう冬の入り口の雰囲気です。
この季節もなかなかいいものです。・・とのんびりはできなくて・・・

水出しをして、タイヤを積んで近くのガソリンスタンドへ
15分ほどで完了!up

次に、ミニ四駆のスタッドレスを買いに・・・?エンジンがかからないshock
バッテリーあがりです。
夫がブースターケーブルでつないで、ミニ君無事復活

ところが、欲しいメーカーのは入荷待ちとのこと・・・
結局、バッテリーだけ買い替えて、タイヤは12月に延期~
雪だいじょうぶかな~  

今度はモモタロウの健診。ワクチンもお願いしました。
長時間お留守番のあと、連れて行かれたのが動物病院、
いやな爪切り、肛門絞りそのうえ歯石とりに注射で、
たいそうむくれていました。

それから、ハルニレテラスの希須林で夕食、トンボの湯で
温まって、盛り沢山な一日が終わりました。ふー

翌日は点検やら、片付け、野菜の買いだしなどして、
水抜き、ツルヤでお買い物して、早々に自宅に戻りました。

あれれ!写真も撮らなかったcoldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本刺繍

刺繍部門の学習会に参加してきました。今年は日本刺繍でした。

先生方、お友達や、刺繍の旅で一緒にフランス・イギリスに行ったお仲間とも再会・・・
クラス会のようでしたheart04

講師は 草乃しずか先生  
うさぎ を刺繍した素敵なお着物をお召しなっていました。

協会のカリキュラムにはない技法です。
大丈夫かな?という心配と
新しいことに挑戦する楽しみと混ざってスタートしました。

糸のより方から、基本的な縫い方をお習いして、実習しました。
木枠の貼り方などのデモもあり、盛りだくさんの内容でした。

先生の刺繍に対するお考えやお人柄ふれ、得るところも多く、楽しい一日を過ごしました。

作品の 羽子板 は 記憶の新しいうちに完成させて、お正月に飾るつもりです。

日本刺繍の糸↓

P1100180
上のピンク二本は以前体験で桜を刺した時の物

久しぶりの有楽町線の市ヶ谷駅のプラットホーム。 
ホームドア(でいいのかな?)が設置されてました。

P1100179


| | コメント (4) | トラックバック (0)

11.11.11

今日は「1」が6個並ぶ日

震災から8カ月なんですね~

普段の生活に戻った様でも、
被災地の復興もまだまだだし、原発もねぇ・・・

11時11分11秒はなにしてたかな~
スポーツクラブのプールへ行って、
そのあとだから、お買い物中かな・・・
最近は時間がかかります。
気にいった産地のがなくて
スーパーのはしごしたり、
メニューを変えたり・・・

あれこれ「思い」punchannoyはあるけれど今日はここまで

雨降りなので、モモタロウの散歩もなしで、午後は針仕事
「急がれるもの」二つが完成しました。

P1100136_2

ベビーキルト と トッポンチーノ

「締め切り過ぎたもの」も後はバインディングだけで、完成間近です。

P1100133_5
裏もチラッと見せてます。
とっておきの三輝先生の布heart04
このキルトは、お誕生日すぎてしまいましたが、
母の長寿のお祝いです。

夜の11時11分にUPできるかな!

| | トラックバック (0)

ダンシャリ

少し身辺をシンプルにしたくて、
封印していた和室押し入れの天袋の奥にある箱を開けてみた。

コレクションしていた絵馬、木の人形と一緒に、
昔作った手毬がごろごろ出てきた。

P1100134
お正月のかざりによさそ~なんてcoldsweats02

断捨離の道は険しい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さなバッグ

またまた更新おさぼりしてしまいました。

この間、キルトを色々作っています。

継続中の長期プロジェクトup
教室のサンプルlovely
急がれるものdash
締め切りすぎたものshock
などなど・・・

TVで編み物の小さな小さなバッグを紹介していました。
布でもできるかな~と、合間に作ってみました。

お化け柄coldsweats02です。

"trick or treat" のオチビちゃんに
お菓子をほんのちょっと入れてあげました。

P1100129

クリスマス柄で作って、オーナメントにしてもいいかもね~


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »