« さゆみ織り | トップページ | 犬の服 »

鎌原観音堂

さゆみ織りの展示会のあと、郷土資料館の横の鎌原観音堂にも行きました。

かやぶきの本堂は1713年建立とのことです。
P1050991

以前、夏に来たときは、地元のお年寄りが交代でつめておられ、
お茶を出していただいたり、お話をうかがうことができました。

天明3年(1783年)の浅間山噴火のとき、
この観音堂の境内にたどり着いた村人は助かったことから、
厄除け観音として信仰されてきたようです。
境内に上る長い石段は埋没し、現在は15段となっています。
発掘調査では逃げ切れなかった女性二人の遺体も
発見されたと、郷土資料館の説明で知りました。

P1050994

日本のポンペイなどとも言われているようですが、
被災の様子、わずか93人の生存者が村を再建する様子は
「浅間山噴火大和讃」で今に伝えられているそうです。

P1050992

浅間山の噴火予想は警戒レベル2(火口周辺規制)からレベル1(平常)に引き下げられたばかりで、一安心ですが、アイスランドの方は、空路のマヒは一応おさまったものの、異常気象の今年は冷害につながらないかとちょっと心配です。

|

« さゆみ織り | トップページ | 犬の服 »

ログハウス 山荘」カテゴリの記事

コメント

時々、ブログを読まさせて頂いております。今回の東北地方太平洋沖地震で、すぐに天明の大噴火を思いました。以前、松島先生の講演のお話を伺う機会があり、この大噴火で亡くなった方々、そして村の復興に立ち上がった人々のことが重なってしまいました。春には、鎌原観音堂に行き、被災なさった方々のこれからの復興と健康を祈願したいと思います。

投稿: 嬬子 | 2011年3月26日 (土) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203525/48156130

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌原観音堂:

« さゆみ織り | トップページ | 犬の服 »