« 山栗 | トップページ | モモタロウの皮膚病 »

ユキ・パリス コレクション

松屋銀座で開催されていた ユキ・パリス コレクション ヨーロッパアンティーク・美しき暮らし展に行ってきました。

結構混んでいましたけれど、一つ一つ、じっくりと鑑賞してきました。
日本人は器用で・・なんて言うのはうそ!で思い上がりですね。
繊細で、上品で、センスがよくて・・・
どれも素晴らしい針と糸の手仕事でため息が出るほどでした。

「心豊かで、丁寧な暮らし」とか、「裕福な婦人が膨大な時間をかけて作った」とか、女の子は幼い頃から、刺繍の技術を学んだとか、ヨーロッパで刺繍が発達した理由とか、キャプションにも興味深いことが書かれていました。

パリスさんのコペンハーゲンと京都のお住まいの映像での紹介も熱心に見る方が多かったです。

P1050186

図録を求め、「歩行者天国」を少しぶらぶらしてから、ユザワヤでちょっとお買い物して帰りました。

|

« 山栗 | トップページ | モモタロウの皮膚病 »

パッチワーク キルト」カテゴリの記事

コメント


ユキ・パリスさんのコレクション素晴らしかったですね~
 私も、図録を買ってしまいました。
 私も日本人は器用は「チガウ」と思いました。5歳から刺繍を始めるという文化をもった欧州人が、アメリカにわたって、寒さをしのぐためにキルト作りを始めたのでしょうか??
 北欧・ドイツなどゲルマン系の人々の暮らし方に特に憧れます。

投稿: バスケット | 2009年10月 1日 (木) 21時28分

久しぶりに、素晴らしい展示会を見た気がします。心豊かな暮らしのために、手間と時間をおしまないようになれるのは何時のことかと、「せかせか」している今を反省しています。

投稿: しいちゃん | 2009年10月 2日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203525/46340010

この記事へのトラックバック一覧です: ユキ・パリス コレクション:

« 山栗 | トップページ | モモタロウの皮膚病 »