« 篤姫 | トップページ | くま対策 »

フェレット通院

今日は3回目の注射。

前回同様、副腎から過剰にでているホルモンを抑える薬と、抗生物質の二種類の飲み薬を続けます。次回は検尿します。

最近はずいぶん元気になって、体重も880gと発病前に近づいてきました。

Img_5810

夫のフリースで作ったスリーピングバッグがお気に入りのようで、中にもぐって、寝ている事が多い。

|

« 篤姫 | トップページ | くま対策 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

フェレットにも特有の病気があるのでしょうか?
小さい分、元気がないと心配ですね。

早く元気にな~れ♪
お大事にね。

投稿: さち | 2008年12月17日 (水) 11時26分

さちさん、ありがとうございます。
もともとの飼い主は息子で、世話を押し付けられたので、詳しくはないのですが、フェレットは赤ちゃんのうちに去勢・不妊手術をして、ペットショップに来るようです。しなければ、発情期に凶暴になったり、女の子は命を落とすこともあるようですが、反面、副腎の病気になりやすいみたいです。ウチのフェレットは副腎のホルモンの異常からくる前立腺のう胞とのことです。とにかく小さいので、治療も大変むつかしそうです。年齢的にはそろそろ「おじいさん」ですが、優秀な獣医さんに助けてもらった小さな命を大切に守って行きたいと看病頑張ってます。

投稿: しいちゃん | 2008年12月17日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203525/43431573

この記事へのトラックバック一覧です: フェレット通院:

« 篤姫 | トップページ | くま対策 »