« 9月の山荘の庭 | トップページ | 美しい手仕事の世界展 »

フェレット 自宅療養

9月20日から26日まで動物愛護週間だそうですね。

だからというわけではありませんが、17日に退院したフェレットその後を・・

退院する時に ペースト状のフード(缶詰)を処方されました。

Ffood

注射器のようなもので、強制的に与えます。看護士さんに実演して説明してもらったのですが、家では二人がかり。抗生物質などのお薬もでて、朝晩二回悪戦苦闘しています。

満足に歩けないし、食欲なくて、やせてるし、このままつれて帰ってうちで看られるのかしらと心配でした。うちに帰るとフードを食べるようになることもあるとかで、退院してみましょうとの判断でした。

食べなれたドライフードは何個食べたかわかるように数えて与えています。徐々に、自分から食べるようになり、動きまわったり、時にはハンモックに登ったりするようになって来ました。相変わらずおしっこは出にくい様子で、少しずつ何回もしていますので、まだまだ、目がはなせません。

動物虐待?と、思われそうですが、強制食餌中の写真です。ちょっとなれてきて、写真を撮る余裕も出てきました。

Ffood2

|

« 9月の山荘の庭 | トップページ | 美しい手仕事の世界展 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203525/42550553

この記事へのトラックバック一覧です: フェレット 自宅療養:

« 9月の山荘の庭 | トップページ | 美しい手仕事の世界展 »